女の人

万能な水素水を試してみよう|本物を見抜くコツがある

病気や老化の予防に効果的

グラス

温めて飲むことも可能

酵素水は熱に弱いため温めて飲むことができませんが、水素水は温めても問題なく飲むことができます。もちろん、夏にはしっかり冷やして飲むことによって容器に使われているアルミニウムの臭いが気にならなくなる利点もあります。温めて水素水を飲む時には、アルミパウチの容器をそのまま鍋のお湯の中に入れて温めるようにしてください。開封してしまうと水素水に含まれている水素はどんどん蒸発していってしまいます。開封するだけでも水素は抜けてしまう上に、容器を移したり、さらに加熱することによってあっという間に含まれている水素はなくなってしまいます。アルミニウムは電磁波を透過しないため、電子レンジを使った温めをすることもできません。

活性酸素を除去する水素

人間が食事をしたり、体を動かしたりすると体の中でエネルギーが作り出されると同時に体内では活性酸素が発生します。その中でも悪玉の活性酸素は多くの病気や老化の原因になるとされています。活性酸素を除去できれば、多くの病気の予防やアンチエイジングにも効果を発揮することができます。水素は化学変化を起こしやすい物質で、活性酸素を発見すると結びついて水となり、無害化します。また水素は非常に小さな物質のため、体内のどこへでも伝搬することができます。しかし、水素は水にはほとんど溶けない上に、分子の小ささからペットボトルの小さな隙間から抜け出てしまう特徴もあります。そこで水素水を使って、水素を体内に入れるには水素の抜けないアルミニウム製のボトルを使うか、生成器で創った水素水はすぐに飲むようにしてください。